Loading...
寄付する
寄付する 外部リンク
寄付する 外部リンク

⾼等部PS講堂 パイプオルガン募⾦ 「本物の音色を高等部生に」

  • 21期生

  • 26期生

  • 16期生

  • 33期生

  • 23期生

  • 20期生

  • 14期生

  • 19期生

  • 24期生

  • 13期生

  • 15期生

1610件のご寄付のうち、高等部卒業生から1322件のご寄付をいただいています。

¥現在の募金総額

86,577,700

目標金額: 90,000,000円

重要なお知らせ

高等部パイプオルガン導入スケジュール延期について

 みなさまの尊いご寄付のお陰様で、当初の目標額である9000万円まであとわずかとなりました。これまで同窓会の募金委員会の皆様を中心に、多くの同窓生、生徒、保護者の皆様のご支援を賜り、心より感謝申し上げます。また、この約1年半の募金活動では、本当にたくさんの励ましのお言葉もいただき、大変心強く背中を押されてまいりました。
 当初の計画では、今年度中に発注をし、2025年の設置を目指しておりましたが、残念ながらそれが難しい状況となってまいりました。皆様ご存じの通り、世界はコロナ禍に加え、ウクライナ情勢による政治不安等に伴う物価の高騰、また円安が進み、すぐには改善が期待できない状況となっております。これまで様々な情勢の好転も期待しつつ様子を見てまいりましたが、専門家の方によると、パイプオルガンの購入に関連するコストの高騰も例外ではなく、原材料となる錫や木材に加え、ヨーロッパからの輸送費の高騰は留まるところを知らず、また円安の影響も大変大きく、現状、当初計画しておりましたコストの1.5倍、もしくはそれ以上となることが想定されるまでに至っております。これまでご寄付いただいた金額で購入できるよう、オルガンそのものの仕様の引き下げ(簡単に言いますと音色の種類を減らすこと)も検討いたしましたが、せっかく響きの良いPS講堂にそれに見合わないような仕様の低いオルガンを購入するのではなく、最低限の仕様を確保するためにタイミングを見計らっての購入を目指したい、という思いに至りました。学院・高等部・同窓会のメンバーで構成している募金委員会で協議した結果、延期も致し方ないだろうというお言葉をいただき、誠に勝手ながら、ご寄付のお願いを継続し、時期を少し後ろにずらしての(1年から2年を想定)購入を目指すことにさせていただくことにいたしました(目標金額に関しましては時を改めてお知らせいたします)。2025年設置を楽しみにしていらっしゃる、と励ましをいただいた諸先輩方のお気持ちを考えると、本当に申し訳ない気持ちではございますが、PS講堂へのふさわしいオルガンの導入に向け、なにとぞご理解、ご協力を賜りたくお願い申し上げます。
2022年10月


"高等部パイプオルガン導入プロジェクト 動画Part2"が完成しました。
4つの設置コンセプトについて生徒のインタビューを通して説明しています。https://youtu.be/ZEn4ruv9k8c

SUPPORT MESSAGE

応援コメント

PICK UP 
MESSAGE

  • 清瀬 雅子さん

    清瀬 雅子さん

    パイプオルガンについて説明を求められる際に私はいつも、ヴァイオリンに例えて次のように表現...続きを読む

  • 椎名 雄一郎さん

    椎名 雄一郎さん

    オルガンとの出会いは高校の入学式でした。進学した青山学院高等部の入学式でオルガンの演奏を…続きを読む

MOVIE

PS講堂の今と昔、オルガン部生徒のインタビュー

高等部PS講堂にパイプオルガンを